【Google Adsense】グーグルアドセンスの収益の公開について

Google AdSenseの自身の収益を公開してよいのか調べていました。

利用規約に収益の公開についての記載があるようでした。

利用規約 変更前

9. 秘密保持

お客様は、当社の事前の書面による承諾なく Google 機密情報を開示しないことに合意するものとします。「Google 機密情報」には、
(a)本サービスに関連する一切の Google のソフトウェア、技術および文書
(b)本サービスとの関係において広告媒体の実績に関連したクリックスルー率その他の統計
(c)本サービスにおけるベータ版機能の存在およびそれに関する情報、ならびに
(d)Google により提供されるその他の情報であって、機密であると指定されるか、それが提示される状況において通常機密とみなされるものが含まれます。Google 機密情報には、お客様による本サービスの利用より前にお客様にとって既知であった情報、お客様の責によらず公知となった情報、お客様が独自に開発した情報、または第三者によりお客様に適法に与えられた情報は、含まれないものとします。本第 9 条にかかわらず、お客様は、自らによる本サービスの利用によりもたらされた Google による支払総額を正確に開示することができます。

利用規約 変更後

11.秘密保持
お客様は、当社の事前の書面による承諾なく Google 機密情報を開示しないことに合意するものとします。「Google 機密情報」には、
(a)本サービスに関連する一切の Google のソフトウェア、技術および文書
(b)本サービスとの関係において広告媒体の実績に関連したクリックスルー率その他の統計
(c)本サービスにおける非公開のベータ版機能または体験版機能の存在、それに関する情報、またはその規約ならびに
(d)Google により提供されるその他の情報であって、機密であると指定されるか、それが提示される状況において通常機密とみなされるもの
が含まれます。
Google 機密情報には、お客様による本サービスの利用より前にお客様にとって既知であった情報、お客様の責によらず公知となった情報、お客様が独自に開発した情報、または第三者によりお客様に適法に与えられた情報は、含まれないものとします。本第 11 条にかかわらず、お客様は、自らによる本サービスの利用によりもたらされた Google による支払総額を正確に開示することができます。

変更前は「9. 秘密保持」、変更後は「11. 秘密保持」には「(b)本サービスとの関係において広告媒体の実績に関連したクリックスルー率その他の統計」と記載があります。

「その他の統計」という部分は、「広告表示・クリックから得られる報酬」も広い意味で捉えれば含んでいると考えられます。

しかし、更にその下に「本第 11 条にかかわらず、お客様は、自らによる本サービスの利用によりもたらされた Google による支払総額を正確に開示することができます。」と記載があり、自身の収益情報を公開(開示)する分には、利用規約の(b)よりも優先して適用されるようです。

では「支払総額を正確に開示することができます」とは?

※画像はダミーです

おそらくこの画面で「見積もり収益」と「残高」を貼り付けるのは、支払総額ではなく、正確に開示するということにはならないと思います。

正確な支払総額を出すとしたら、支払い先としている通帳金額を出すのが一番正確なのかな?と思います。結局何が正しいのかわかりませんが、何が利用規約を破ることに繋がるかわかりませんしよっぽどの事がない限り公開しない方が無難ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク